Windows版 iTRONサービスコールの作成 (メッセージバッファ)
(その1)

概要

組み込みソフトウェアで利用されているOS「iTRON」のサービスコールをWindows上で動作させるためのライブラリです。

タスク間通信で用いられる『メッセージバッファ』の実装を説明します。

メッセージバッファは可変長のメッセージをタスクからタスクへと送信する機能を提供します。

メールボックスと同等の機能ですが、メッセージバッファでは送信するメッセージをメッセージバッファ内にコピーしますので、メッセージ送信を要求後、送信メッセージの領域は相手の受信を待たずに解放できます。

サービスコール

 

・Ver3.0のメッセージバッファ機能で提供されるサービスコールは以下のとおりです。

サービスコール名説明
cre_mbf

メッセージバッファを生成します。

del_mbf

メッセージバッファを削除します。

snd_mbf / psnd_mbf / tsnd_mbf

メッセージバッファにメッセージを送信します。

rcv_mbf / prcv_mbf / trcv_mbf

メッセージバッファからメッセージを取り出します。

ref_mbf

メッセージバッファの状態を参照します。

 

・Ver4.0のメッセージバッファ機能で提供されるサービスコールは以下のとおりです。

サービスコール名説明
cre_mbf / acre_mbf

メッセージバッファを生成します。

del_mbf

メッセージバッファを削除します。

snd_mbf / psnd_mbf / tsnd_mbf

メッセージバッファにメッセージを送信します。

rcv_mbf / prcv_mbf / trcv_mbf

メッセージバッファからメッセージを取り出します。

ref_mbf

メッセージバッファの状態を参照します。



Windowsは米国Microsoft Corporationの登録商標です。