Windows版iTRONサービスコールの作成 (データキュー)
(その1)

概要

組み込みソフトウェアで利用されているOS「iTRON」のサービスコールをWindows上で動作させるためのライブラリです。

タスク間通信で用いられる『データキュー機能』の実装を説明します。

データキューとは、1ワードの固定長メッセージを受け渡すことによりタスク間の通信を行うオブジェクトです。

受け渡す1ワードの固定長メッセージはシステム側が確保したメッセージバッファにコピーしてキューイングされますので、メッセージを送信する側はメッセージの送信要求が完了すれば、相手側のメッセージ受信を待たずにメッセージ領域を解放できます。

メッセージバッファが一杯のときに、古いメッセージを破棄して強制的にメッセージバッファを空けてメッセージの送信が行えます。(メールボックスおよびメッセージバッファでは強制送信の機能はありません。)

データキューはVer4.0のみでサポートされている機能です。

サービスコール

 

・データキュー機能で提供されるサービスコールは以下のとおりです。

サービスコール名説明
cre_dtq / acre_dtq

データキューを生成します。

del_dtq

データキューを削除します。

snd_dtq / psnd_dtq / ipsnd_dtq / tsnd_dtq

データキューにデータを送信します。

fsnd_dtq

データキューにデータを強制的に送信します。

wai_sem / pol_sem / twai_sem

データキューからデータを取り出します。

ref_sem

データキューの状態を参照します。



Windowsは米国Microsoft Corporationの登録商標です。