Windows版 iTRONサービスコールの作成 (イベントフラグ)
(その1)

概要

組み込みソフトウェアで利用されているOS「iTRON」のサービスコールをWindows上で動作させるためのライブラリです。

タスク間同期機能の『イベントフラグ』の実装を説明します。

イベントフラグとは、イベントの有無をイベントフラグが保持するビットパターンのビット毎に指定することができるオブジェクトです。

イベントフラグの属性を指定することで、同一のイベントフラグに対して複数のタスクで同時にイベント待ちが行えます。

サービスコール

 

・Ver3.0のイベントフラグ機能で提供されるサービスコールは以下のとおりです。

サービスコール名説明
cre_flg

イベントフラグを生成します。

del_flg

イベントフラグを削除します。

set_flg

イベントフラグをセットします。(イベントを発生させます。)

clr_flg

イベントフラグをクリアします。

wai_flg / pol_flg / twai_flg

イベントフラグがセットされるのを待ちます。

ref_flg

イベントフラグの状態を参照します。

 

・Ver4.0のイベントフラグ機能で提供されるサービスコールは以下のとおりです。

サービスコール名説明
cre_flg / acre_flg

イベントフラグを生成します。

del_flg

イベントフラグを削除します。

set_flg / iset_flg

イベントフラグをセットします。(イベントを発生させます。)

clr_flg

イベントフラグをクリアします。

wai_flg / pol_flg / twai_flg

イベントフラグがセットされるのを待ちます。

ref_flg

イベントフラグの状態を参照します。



Windowsは米国Microsoft Corporationの登録商標です。