簡易ターミナルソフト (Multi Port Terminal)

ソフトウェアの説明



Multi Port Terminal(マルチポート ターミナル)は、従来のシリアルポートに加えて、パラレルポート、socketレベルのTCP/IP、 および、USBポートでの接続を利用した簡易ターミナルソフトです。

当初、プリンタの双方向通信のデバッグ用に開発したツールですが、プリンタのデバッグ以外にもご利用頂けます。

主な機能は以下のとおりです。

  • シリアルポートによる通信。
  • パラレルポートによる双方向通信。
  • USBポートによる通信。(但し、アプリケーションから直接通信可能なUSBデバイスに限る。)
  • TCPサーバーモードによるsocket通信。
  • TCPクライアントモードによるsocket通信。
  • MDIインターフェースの採用により、同時に複数のポートと接続が可能。
  • バイナリモードによるファイル送信機能。
  • 受信した通信データのファイル保存機能。
  • ファンクションキーに文字列を登録して、登録した文字列をファンクションキーで送信。

ターミナル画面で表示可能な2バイトコードは S-JIS のみです。

※新たな機能を搭載した後継ソフト『Multi Port Terminal 2』が発売中です。

※『iP! 2010年12月号 (晋遊舎)』の『最新フリーソフトライブラリ』に紹介されました。

利用条件

  • 本ソフトウェアを利用して発生した、いかなる損害も、作者および、その関係団体は責任を負いません。
  • 作者および、その関係団体は、本ソフトウェアに対する不具合の改修および、機能改善のためのバージョンアップの義務を負いません。
  • 作者および、その関係団体は、本ソフトウェアに対する、いかなるサポートの義務を負いません。
  • 本ソフトウェアの一部または全部を再配布するときは、事前に作者の許可が必要です。

ダウンロード

アーカイブMPORT0101.zip
バージョンVer1.01
更新日2010.11.11
対応OSWindows XP / Windows Vista / Windows 7

変更履歴

バージョン 日付 変更履歴
Ver1.01 2010.11.11 TCPサーバー接続で「ホスト名」で指定したIPアドレス以外からの接続が出来ない不具合を修正。
Ver1.00 2008.01.13 初版公開。

使用上の注意点

※パラレルポートをご利用になられる場合、『コントロールパネル』⇒『プリンタとFAX』にて表示されるプリンタに、 プリンタポート(LPT1、LPT2等)を割り付けてあると、うまく動作しません。

※USBポートは、接続される機器ごとにデバイスドライバが作成されるものなので、デバイスドライバの製作者がご利用されることを想定しています。

(アプリケーションから利用するときのデバイス名をデバイスドライバ内部で登録するために、デバイスドライバの製作者が利用するだろうと考えています。)

ただ、いくつかの機器では、Windows標準の汎用デバイスを利用していたりしますので、このように汎用デバイスを利用する機器で『Multi Port Terminal』を ご利用いただけるように接続中のUSBデバイスのGUIDを取得するソフトを用意しました。

ただし、ご自分で作成されてない機器を、不用意にアクセスすると、何が起こるかわかりませんので、くれぐれも 自己責任 でご利用ください。

※期待されている方がいるかもしれませんが、残念ながらUSB接続のHDDやUSBマウスとかは、本ソフトウェアでは通信できません。
(ストレージ・クラスやHIDクラスのUSBデバイスは、アプリケーションから直にUSBポートへのREAD/WRITEは許可していないようです。)

ソースコード販売

『簡易ターミナルソフト (Multi Port Terminal)』のソースコードを販売しております。

ご自分の利用環境に合わせてカスタマイズされたい方、または学習用にソースコードをご覧になりたい方は、 ご利用規約にご同意の上、ご購入ください。

開発言語および開発環境は以下のとおりです。

開発言語C
開発環境VisualStudio 2005

※ご購入頂くソースコードは暗号化zip形式で圧縮したファイルとなりますので、解凍用ソフトをご用意ください。

価格はライセンスによって以下のようになっております。

ライセンスの違いにつきましては、ご利用規約をお読みください。

 スタンダード・ライセンスパーソナル・ライセンス
価格(税込み)¥189,000¥21,000

ソースコード購入のお支払いは銀行振込みのみとさせて頂きます。
※お振込み手数料は、お客様のご負担となりますので、ご了承ください。

ソースコードをご購入されたい方は、お問い合わせフォームより
件名を『ソースコード購入希望』として、
本文に『ご購入希望のソフトウェア名』と 『ライセンス形態(スタンダードまたはパーソナル)』を明記の上、メールをお送りください。
お名前とメールアドレスも忘れずにお書きください。
折り返し、お振込先口座等の情報をメールにて返信致します。

※メールの返信には数日かかることがありますので、ご了承ください。

接続中のUSBデバイスのGUIDを取得するソフト

Multi Port TerminalのUSBポート接続で汎用のUSBデバイス等を利用するために、現在接続中のUSBデバイスのオープン可能な GUID を取得するソフトウェアです。

USBデバイスよっては、複数の GUID が表示されることがあります。

どの GUID が使用できるのかは、試してみないとわかりませんので、個々に試してみてください。
(該当デバイスが他で使用されていると、全ての GUID が接続できないこともあります。)

※残念ながらUSB接続のHDDやUSBマウスとかは、本ソフトウェアではGUIDは取得できません。
(ストレージ・クラスやHIDクラスのUSBデバイスは、アプリケーションに対してアクセス用のGUIDは提供していないのでは?と思っています。)

ダウンロード

アーカイブUSBGUID0101.zip
バージョンVer1.01
更新日2010.11.23
対応OSWindows XP / Windows Vista / Windows 7

変更履歴

バージョン 日付 変更履歴
Ver1.01 2010.11.23 Windows Vista / Windows 7でも動作するように修正。
デバイスファイルとしてオープンできないGUIDは表示しないようにする。
Ver1.00 2008.01.13 初版公開。

ソースコード販売

『接続中のUSBデバイスのGUID取得ツール』のソースコードを販売しております。

ご自分の利用環境に合わせてカスタマイズされたい方、または学習用にソースコードをご覧になりたい方は、 ご利用規約にご同意の上、ご購入ください。

開発言語および開発環境は以下のとおりです。

開発言語C
開発環境VisualStudio 2005 + DDK

※本ソフトウェアのコンパイルには『Windows DDK』が必要です。

※ご購入頂くソースコードは暗号化zip形式で圧縮したファイルとなりますので、解凍用ソフトをご用意ください。

価格はライセンスによって以下のようになっております。

ライセンスの違いにつきましては、ご利用規約をお読みください。

 スタンダード・ライセンスパーソナル・ライセンス
価格(税込み)¥94,500¥10,500

ソースコード購入のお支払いは銀行振込みのみとさせて頂きます。
※お振込み手数料は、お客様のご負担となりますので、ご了承ください。

ソースコードをご購入されたい方は、お問い合わせフォームより
件名を『ソースコード購入希望』として、
本文に『ご購入希望のソフトウェア名』と 『ライセンス形態(スタンダードまたはパーソナル)』を明記の上、メールをお送りください。
お名前とメールアドレスも忘れずにお書きください。
折り返し、お振込先口座等の情報をメールにて返信致します。

※メールの返信には数日かかることがありますので、ご了承ください。



Windowsは米国Microsoft Corporationの登録商標です。